忍者ブログ
石切のコマカフェにまつわるいろいろとお知らせのブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先月末の週にお出ししていたぶどうジュース(シロップとジャム)の作り方を載せておきます。
ぶどうが出回っているうちに是非ご家庭でも作ってみてください。
私の実家の母もずっと作ってくれていて、夏のお楽しみのひとつでした。

<材料>
ぶどう(キャンベル):2kg
水:1カップ
甜菜糖:500g(お好みで調整)
塩:ひとつまみ
レモン汁:大さじ2

<作り方>

(1)ぶどうを洗い房から一粒ずつはずし、鍋に入れ水と甜菜糖を加え、甜菜糖が馴染むまでしばらくおく。


(2)
塩ひとつまみを加えそのまま強火にかけ、10〜15分煮て自然に皮がはじけるのをまつ。


↑皮のはじけたところ。
はじけた実が皮と同じような色になったら火を止めてレモン汁を加える。


(3)ざるの上にさらしを敷き、下にボールをおいて鍋ごとあけて漉す。


この時決して手で絞らず、写真のように上から吊るしたりして自然に滴り落ちるのを待つ。
絞ると、色が濁ったり、えぐみが出るため。
これでシロップの出来上がり。
ジュースにして飲む時はお好みの濃さで調整。
だいたい3〜4倍に薄め、水か炭酸水で割ります。



(4)シロップが漉し終わったら、さらしに残った実と種と皮をざるに移し漉す。


鍋に戻し少し煮詰めたら、ジャムの出来上がり。
パンに塗ったり、ケーキやアイスに添えたり、ヨーグルトに入れてもおいしいです。


<メモ>
長期保存する時は、お砂糖はもっと多めがいいですが、すぐに飲み切るのでギリギリまで減らしています。それでもたくさんの甜菜糖を使うので、作っていてちょっとびっくりしてしまいます。飲むのは多くても1日1杯程度に。

使うぶどうは、母がいろいろ試した結果キャンベルがベストとのことです。
でも、近頃はなかなか手に入りません。
キャンベルは巨峰の親で、とても素朴で少し酸味がある昔ながらのぶどうなので、そのまま食べるには人気がないのかもしれません。ぶどうの紅玉といった感じでしょうか?
今ならまだ巨峰があるので、是非お試しください。
黒いぶどうがいいと思います。青いぶどうでは作ったことがないので、どうなるのかちょっと気になります。



出来上がったシロップは瓶に入れて、冷蔵庫で保存してくださいね。

拍手[13回]

PR
-HOME-
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
mie nagai
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
coma cafe
東大阪市西石切町1-10-3
072-987-2457
カフェ営業日:水曜〜土曜 11:00〜16:00
その他不定期にて、料理教室やイベントを開催しています。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
お買いもの



忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone