忍者ブログ
石切のコマカフェにまつわるいろいろとお知らせのブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いつも書いていますが、ふだんの食事はほぼ玄米菜食です。
マクロビオティックの考え方を取り入れた調理法をしています。
皮は剥かない、葉も根も使うのでゴミも少なくなる、あくは抜かない、蒸し煮や重ね煮中は他のことができると、手間がかからず、ずぼらな私には、簡単手軽な調理法です。
そのかわり、食材は本物を選びます。無農薬有機栽培の旬野菜、調味料は昔ながらの伝統製法のものを。白い精製された砂糖や化学調味料は不自然な味になるし、体がすぐにしんどくなるので使いません。
ただそれだけで、難しいことは何もしていません。


スーパーには買うものがあまりないのでたまにしか行かず、無駄な買い物もせずにすみます。風邪もひかないから病院に行かないし、こういう食生活はお金がかかると思われがちだけど、無駄がない節約した生活になるような気がします。
そういえば、近頃は主食であるお米代よりお菓子代の方にお金をかける家庭が多いらしく、食品の値上げが困るなんて騒いでましたが、本当にそうなのかということが書かれた記事を新聞か何かで読みました。
何に一番お金をかけるか、ちょっと考えるだけでもっとシンプルに、楽に暮らせるのになぁと思ってしまいます。何だかえらそうですが...。


あ、で、妊娠・出産・育児と食のことを書きたかったんですが、前置きが長くなったので、続きます。。

拍手[1回]

PR
昨日は、出産予定日のはずの日でした。
実際は、産まれてもう3週間もたってしまっているけれど...。

小さく産まれた赤ちゃんは、今やっと約3000gになりました。

今、彼は入院しているので、家族は離ればなれで、私はとても静かな家の中でのんびりぐうたら過ごしているのです。
さびしい...。毎日、毎時間、毎分、彼を想って母はたまらない。

毎朝会いに行き、母乳を届ける数日。
黄疸が出て黄色い肌、早く数値が下がって帰れますように。


******************

そんな何が何だか、あっという間に過ぎ去った3週間でした。


まさか、産まれるなんて考えもしていなかった大晦日の日。
次の日には、Sちゃんがお店を開けてくれるので、その準備もしなきゃなんて思っていたお昼前に、もしかして破水?
ちょろりと少しずつあったかいものが出てきた。

それでも、違うかもしれないと思って少し様子見していたけれど、やっぱりいつもと違うので、かかりつけの助産院に電話して、病院に行くように言われ、即入院となる。
陣痛はないし、まだ羊水もある状態だったので、安静にしていれば予定日まで持つこともあると言われ、安心して晩ご飯も食べて就寝。
年越しは、病院かぁ〜、Sちゃんびっくりしたやろうなぁ、早く帰れたらいいなぁ、なんて思って寝ていたら、夜中3時前トイレに起きてベッドに戻って横になった時、ん?なんかお腹が痛いかもーと気づく。
普段生理痛はほぼないのだけど、数回味わった生理痛の感じ。
でも、すぐに治まったので、また寝る。
しかし、またほんのり痛くて目覚める。
げ、これ陣痛かもしれない。と思い始める。
一応時間を計ってみると、10分間隔だ。

その時、時間は3時半くらい。
Sちゃんが店に来るのが8時半だから、それまで我慢しようかなんてのんびり考えていたけれど、やっぱり痛みがやってくるのでナースコールする。
見てもらうともう子宮口がもう4-5cm開いていると言われ、げげげー。
ここで産まれてしまうんだねぇ。
その後もどんどん、開いて行くので急いで旦那さんに連絡して来てもらう。痛みも強くなっていく。

分娩室に移動して、あれだけ嫌だと思っていた分娩台に乗って、あれこれ違う姿勢でいきむ。
さっきまでまだいきまないで、と言われて、痛みを逃してばかりだったので、いきんでと言われるとどうやっていいか分からなかったのと、陣痛がおきてからのイメージを今まで全くしていなかったこと、いきむのには体力がすごくいるのとで、なかなかうまくできなかった。イメトレできていれば、もっとうまくできた気がする。

分娩台の上で夜が明けて、頭まで見えているけれど、なかなか出て来ないので、会陰切開と吸引分娩しますけどいいですかと医師に問われ、もう早く産みたい(Sちゃんの来る8時半になっちゃうよー)、出してくれーという気持ちになっていたので、はい、お願いします...と力なく答えた。
けれど、吸引分娩の器械をつけるのがものすごく痛かった。
会陰を切られた感じはわからなかった。
そして、医療介入はとても残念だった。

次の陣痛で、4人くらいに囲まれて、明るくなった病室で分娩台でお決まりのポーズで、お腹を押され、赤ちゃんは引っ張り出される。
2回引っ張られて、出て来た、赤ちゃん。(出てくるときは全く痛くないけれど、赤ちゃんは頭が痛いだろうと思う)

あー。産まれたんだー。(でも現実についていけない私)
すぐに小児科医の待機する場所に連れて行かれ、診察された。大丈夫。元気そう。
しばらくして、あ。性別は?
お父さん、確認に行く。ついてるー。男の子でした。

時間は、8時39分。
まだ、間に合う!

しばらく一緒に過ごして、父となった旦那さんは急いで店に戻り開店の準備に。
(12時オープンのところ開店が遅れたのは、そういう事情があったからでした。早い時間に来てくださった方には、大変ご迷惑をおかけしました。)


******************

はじめての、出産。
本当は、もう少しお腹の中で大きく育ててあげたかった。
通っていた素敵な助産院で医療介入のない自然な出産をしたかった。
産まれてすぐに、お腹に赤ちゃんを抱きたかった。
母乳だけで育てたかった。

けれど、無事産まれて来て、元気な我が子。病院の先生も助産師さんたちもよくしてくれて、入院生活はそれなりに快適に過ごす事ができた。何より通っていた助産院の助産師の先生には、何度も病院に足を運んでいただいて、たくさんの人にたくさんお世話になっての出産で、ぼーっとしながらも、いい出産体験をしているなぁと感じた。


そうそう。陣痛の痛みは、本当に忘れます。もう忘れました。
いきみがヘタクソだったので、もう一度やり直したい気分です。
次はもっとすんなり産む事ができる気がします。
これから出産される方へ、出産はすごく素敵な体験です。痛みは乗り越えられます。怖くないですよ。

拍手[6回]

[1] [2]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
mie nagai
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
coma cafe
東大阪市西石切町1-10-3
072-987-2457
カフェ営業日:水曜〜土曜 11:00〜16:00
その他不定期にて、料理教室やイベントを開催しています。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
お買いもの



忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone